人だからこそ

人が行うから情報収集が必要、つまりこれは悪い点だと思われますが実は良いこともあります。人だからバイクがどのように扱われてきたか分かるというポイントもあります。査定に訪れた人は、それまでに何台ものバイクを見てきています。どのように乗られてきたか、どれほど愛情を注がれてきたか、これはマニュアルでは判断できません

ですが距離は乗っていても大切に扱われてきたバイクというのは分かるのです。機械で判断されたとするとマイナスポイントであっても、人間の目で判断するとプラスになることがあるのです。乱暴に扱われ、整備も行われていないバイクにはこのポイントはつきません。長年乗っていても、愛情を持ち、洗車や日々のメンテナンスを行ってきた人だけにつけられる特権のようなものなのです。

買取業者は買取るだけが仕事ではありません。それを次に売却してこそ仕事になるのですが、整備が行われていないバイクを販売するとなると、次の人が載れるようにするには手間がかかります。この手間が案外とバカになりませんし費用もかかります。

ちなみに、バイクの査定業者の中には事故車や不動車も査定対象にしているところもあります。他にもローンの最中でも買い取りしてくれるところもあります。多少のことであれば査定対象になりえますので、諦めずに一度相談してみることをオススメします。自分だけで納得して諦めることは絶対にしないで下さい。焦らずにより良い業者を探すようにこころがけましょう。

関連サイト・・・バイク 査定

Pocket