人だからこそ

人が行うから情報収集が必要、つまりこれは悪い点だと思われますが実は良いこともあります。人だからバイクがどのように扱われてきたか分かるというポイントもあります。査定に訪れた人は、それまでに何台ものバイクを見てきています。どのように乗られてきたか、どれほど愛情を注がれてきたか、これはマニュアルでは判断できません

ですが距離は乗っていても大切に扱われてきたバイクというのは分かるのです。機械で判断されたとするとマイナスポイントであっても、人間の目で判断するとプラスになることがあるのです。乱暴に扱われ、整備も行われていないバイクにはこのポイントはつきません。長年乗っていても、愛情を持ち、洗車や日々のメンテナンスを行ってきた人だけにつけられる特権のようなものなのです。

買取業者は買取るだけが仕事ではありません。それを次に売却してこそ仕事になるのですが、整備が行われていないバイクを販売するとなると、次の人が載れるようにするには手間がかかります。この手間が案外とバカになりませんし費用もかかります。

ちなみに、バイクの査定業者の中には事故車や不動車も査定対象にしているところもあります。他にもローンの最中でも買い取りしてくれるところもあります。多少のことであれば査定対象になりえますので、諦めずに一度相談してみることをオススメします。自分だけで納得して諦めることは絶対にしないで下さい。焦らずにより良い業者を探すようにこころがけましょう。

関連サイト・・・バイク 査定

Pocket

情報を集める理由

前項で示した査定を行う人次第というのは、情報を集めるしかありません。全国展開を行っている買取業者でも、ある地方では評価が高く、別の地方では評価が低いことがあります。査定は業者が制作したマニュアルによって行われますが、査定を行うのは人であり、機械ではありません。査定を行う機械にバイクを通して金額が決まるということはなく、人の目によって行います。そのため個人差もありますし、性格や支店の事情というものがあります。

どの会社もそうなのですが、本社が出した指示を100%正確に守っているという会社はありません。もしないとするのならばパワハラやセクハラなどのハラスメントがニュースにあがることはありませんし、様々な不祥事がでてくることもありません。前項で示したような無料を有料にする細工は、支社が出しているのか、それとも個人が行っているか不明ですが、人間が行うからこそこのようなことが起きるのです。

そのようなことを防ぐには、やはり情報収集しかありません。全国だけの評価を見るのではなく、身近な情報を集めるようにしましょう。バイクは特別なものですが、買取となると売買の基本である相見積がとれるようになるべく多くの業者の情報を集め、査定をおこなうべきなのです。

Pocket

難しい出張査定のポイント

バイクの出張査定についてのポイントで一番重要なことは“焦らない”ということです。正直申しまして、バイク買取業界は不明なことが多く、はっきりとした優良店を挙げるというのは難しいのです。ですが不安がる必要はありません。バイク業界が特別というのではなく、これらは買取を行う業種では当たり前のことなのです。

買取業界で最近著名なのはリサイクルショップですが、リサイクルショップが出張査定を行うときというのは実は限られています。売る側が店に持っていくことが困難なときです。大きさもありますし、数量の場合もあります。引越しのときに利用する人が多いのもまた特徴だといえるでしょう。ですが本一冊、服一着ですと店に直接持ち込んだほうが早いですし、売る側としても買取額に不満があるのでしたら断わり易いものがあります。

それを考えるとバイクの出張査定というのは、こちらは持っていく手間はいりません。業者としてもバイクというある程度の金額がつくものですので、出向いて買取を行っても損はないということです。

ただここで問題があります。査定を行って無駄足だった場合です。業者は人件費を含めた経費を使っているのですから、買取ってこないと損をすることになります。そのため査定無料といいつつ、車に乗せて査定を行い車に乗せたから査定料を取る業者も存在します。実は不明だというのはここなのです。これは業者が行うのではなく、個人でそうする人がいるため業者の断定ができない、査定を行う人次第なのです。

Pocket